中絶手術の全貌を今解き明かす|生命の今後を知る

医者

痛みを感じる事のない処置

女性

妊娠が発覚した場合に対する思いは一人一人異なります。中絶を選択しなければなら無い場合には手術に対する大きな不安が襲ってくるでしょう。しかしこの無痛中絶手術では全く体に痛みを感じる事が無い為に中絶に対する精神的な痛みも取り除く事ができます。

読んでみよう

子供を産まない治療

女性

中絶手術は時機が大事になってきます。中絶治療するのが遅れないように注意しなければいけないです。また、子供を産みたくない人にとっては、メリットがある治療です。さらに、手術の安全性も高くなっているのも人気の1つになっています。

読んでみよう

とても大変なことである

女性

中絶をすることは女性にとってはとても大変なことなので、色々と考えてからそれをするかどうかを決める必要があります。ただ中絶ができる期間が決められているので、なるべく早く結論を出して中絶手術を受けるのであればできるだけ早期に行った方が良いです。

読んでみよう

母体の保護が目的の手術

中絶手術を東京で行なうクリニックはこちらで探すことができます。利用しやすいクリニックを見つけて手術に臨むと良いですよ。

スタッフ全員が女性のクリニックがこちらです。中絶を東京で行なう女性は、コチラを選べば安心して手術を受けられます。

母体を守るために行われる

医者

望まない妊娠をした場合や母親が病気で出産が難しい場合には、人工妊娠中絶手術を受けると母体を守れるというメリットがあります。人工妊娠中絶手術が認められているのは母体に健康上の問題がある場合と経済的に育てるのが難しい場合、レイプ被害にあって妊娠した場合などです。中絶手術が受けられるのは妊娠22週未満までですが、胎児が大きくなれば母体への負担も大きくなるので早めに手術を受ける方が負担が減るメリットがあります。人工妊娠中絶手術には掻把法と吸引法があり、妊娠12週未満の場合には東京をはじめとする日本全国で掻把法の手術が多く行われています。妊娠12週を過ぎると胎児が大きくなっているので、子宮収縮剤で人工的に陣痛を起こして流産させる中絶手術が行われます。

心理的なケアも重要

日本では年間30万件ほどの中絶手術が行われていて、10代や20代では経済的に育てられないという理由が多くなっています。30代や40代の場合にもすでに子供がいたりしてこれ以上育てられないという経済的な理由が大きな原因になっています。性教育で低年齢から避妊方法を教えたりピルの普及などで中絶手術は減少傾向にあり、少子化の影響もあり今後も東京を中心に件数は減っていくと予想されます。より母体に負担の少ないよう東京では無痛麻酔を使って痛みのない手術を行っているクリニックもあります。東京では安心して治療を受けられるように女性医師と女性スタッフが手術を行うクリニックもあり、今後ますます術後の心理ケアも重視されるようになっていくと予測されています。